好きな仕事にたどり着くには

仕事にも向き不向きがあり、得手不得手な分野がきっと存在するはずです。

周囲に何と罵られても、批判されても、自分の新年は曲げない。

時には頑固と思われてしまったり、難しい人間と捉えられる事もきっとあるはずです。

 

世界的に有名なイチロー選手。

何年間も

「子供が憧れるスポーツ選手」

の1位に選ばれ続けています。

 

そんなイチロー選手もドラフト4位指名の目立たない選手だったのはご存知でしょうか?

 

いかにして今の地位を築き上げたのか、なぜ彼が40歳を目前にしても第一線で活躍できるのか?

 

もちろん血の滲む努力もあります。

 

ただ私が知る中で彼が誰よりもブレなかったのは

「信念」

彼の代名詞となっている独特のバッティングフォームの

「振り子打法」

 

入団当時の1軍コーチはこの不思議な打法を否定し、

「改善しろ」

と叱りつけ、改善しないのならば1軍に昇格させないとまで言ったのです。

 

学校と違いプロの世界はそこまで逆らうと命取りにもなりかねません。

試合に出られない=活躍できない

活躍できない=戦力外通告の可能性がある

 

 

そんなリスクは当然理解した上で、それでも彼はブレる事なく振り子打法を貫き通し現在の地位を築き上げたのです。

 

確固たる自信がなければここまでの信念を貫く事が出来ないと思うのですが。

 

就職活動でも言える事なのですが、採用する側の人間からすれば、やはり発言がブレてしまう人はとてもじゃないですが採用しようとは思えません。

 

逆に言うと、学歴がなくとも信念や発言がブレない人にはとても魅力を感じます。

 

新卒採用といった枠に囚われず、高校中退といった学歴のある方も飛び込みで面接に来る事だってありました。

 

何ごともセオリー通りに行っていると、それ以上の結果は返って来ません。

 

私自身、スポーツの世界の第一線で活躍しているトップアスリートから学ぶことは非常に多くあります。

 

新卒採用だからといってその会社についてだけを調べて暗記して来るのではなく、自分の言葉で自分の気持ちをぶつけて頂いた方が熱意は伝わります。

 

日本の教育は「個」を尊重するのではなく、「集団」での和を乱さない事が重んじられていました。

それはもう古い話。

個性が無くては何も変わらす、個性がなければ人より飛び抜ける事も難しい。

 

面接の際も個性を発揮して新卒採用を誰よりも早く勝ち取ってください。