個性を伸ばし魅力ある人間

個性個性と何度も言っていますが、個性とは何なのか?

自己主張が強い人も個性的。

独特のファッションの人も個性的。

不思議な雰囲気を持つ人も個性的。

 

 

多くの人間がいれば性格も考えも価値観も違うのは当然の事。

十人十色なのですから。

 

新卒者も新卒を採用する側の人間も様々。

 

日本人特有の

「右にならえ」

の精神を持つ日本人むき出しの企業もあれば、

「個性を重視」

する欧米諸国に近い考え方の企業もあります。

 

私の考える個性はやはり

「自己主張の出来る人間」

 

上司の言った事が違うと思うのならば、自分は間違っていないと思うのならば、その信念を曲げずにとことん貫き通し、常識を覆す事の出来る人間ではないでしょうか?

 

もちろんそういった人材を育てる企業の教育、上司の指導、労働環境、幾つもあります。

 

自らの個性を伸ばすにはやはり経験が重要。

経験をして、失敗して成功してといった事を繰り返す事で考えも広がり新たな発見もある。

 

「趣味が読書」

と言い切る人も多いのですが、本を読んでその言葉をそのまま鵜呑みにしても誰の心にも届きません。

それらを参考に経験を重ね、自らの言葉で発信しなければ就職活動の際の面接でもボロが出てしまいます。

 

個人的に読書をするにあたってオススメなのが、

「一代で築き上げた成功者」

「現役トップアスリートの著書」

この二点がオススメできます。

 

 

代々続く会社の社長の本も良いのですが、やはり一代で築き上げた人の本の方が読んでいて面白く、参考になる言葉が多く出てきます。

 

現役トップアスリートの著書に関しても、少し違った観点で楽しむことができます。

 

個性を伸ばしたいと考えるのであれば、今やっている事を徹底的に追求し、探求する。

勿論、結果を求めて取り組むべきなのですが、結果にならなくとも必死に取り組んだことであれば、それが糧となり知識となりどこかの場面できっと役立つはずです。

 

新卒採用者の中でも、何かに必死に取り組んだことのある学生や、実績を残している人が圧倒的に就職時に優遇されるのはそう言った所にあります。

 

何かに必死に取り組んだことのある人間であれば、限界値を自ら決めず取り組むことが出来ると考えています。

 

これから先、就職活動が待っている学生さんも、新卒採用の枠に属する学生さんも今からでも遅くはありません、必死に何かに取り組んでみましょう。

 

例え結果に繋がらなくても、本気で取り組めば自信にも繋がり、どこかで役立つこと間違いありません。

 

自信がつけば個性も出る。

個性のある魅力的な人間に育ってください。